造形の失敗例

M3DS-200 で造形を行う際、造形プレートにアルミ箔を貼付して、造形完了後に造形物を剥がしやすくしていますが、造形プレートに対するオブジェクトの接地面が 40mm を超える場合や重さが 100g を超える場合、樹脂の収縮による影響でアルミ箔が造形プレートから剥がれ落ちる可能性があります。
Continue reading