人体頭部模型 造形テスト

ミッツの3Dプリンタ M3DS-200を使用して、頭部断面の模型を造形しました。

3Dデータは、BodyParts3D/Anatomography の下記リンクより入手しました。
 
http://lifesciencedb.jp/bp3d/
 
こちらのウェブサイトでは、論文などで自由に使用できる人体3Dモデルのデータベースが公開されています。骨格や内臓を編集して、obj形式でダウンロードすることが可能です。
 
 

 
 
使用3Dプリンタ:
M3DS-200
 
樹脂:
・本体: アクリル樹脂
・脳: ショアA2ゴムライク樹脂
 
寸法:
・本体: 65.46 × 52.00 × 54.58 (mm)
・脳: 46.55 × 36.45 × 37.07 (mm)
 
照射時間:
18 sec
 
使用樹脂量:
・本体: 28.09 (g)
・脳: 27.48 (g)
 
出力時間:
・本体: 9 時間 35 分
・脳: 7 時間
 
 
以下の画像は、M3DS-200 での造形出力が完了した状態の画像です。
 

 
 
以下は、サポートを切除して仕上げをした状態の画像です。本体にはサーフェイサーを吹きました。
 
・本体

 
 
・脳

 
 
・本体 + 脳

 
 
脳はショアA2ゴムライク樹脂で造形しました。やわらかい材質による造形の様子が動画で確認できます。
 

 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.