M3DS-200を使用したアクリル樹脂によるアークリアクター造形テスト

ミッツの3Dプリンタ M3DS-200を使用して、アクリル樹脂によるアークリアクターの造形を実験しました。アメコミヒーローの胸の部分です。

3Dデータは、Thingiverseの下記リンクより入手しました。
Arc Reactor Model by wifixcort – Thingiverse
 
それぞれの部品を3Dプリンタで造形した後、接着剤を使用して組み立てました。
 
dp: 10個
jp1: 5個
jp2: 5個
残りは、すべて1個ずつ出力しました。
 
 
使用3Dプリンタ:
M3DS-200
 
 
樹脂:
アクリル樹脂
 
 
寸法:
58.00 × 58.00 × 78.00 (mm) ※組み立て時
 
 
照射時間:
10 sec
 
 
使用樹脂量:
 
① bp1・bp9・dp3
11.28 (g)
 
② bp2・bp3
12.61 (g)
 
③ bp4・jp3
11.31 (g)
 
④ dp2・dp4
3.07 (g)
 
dp1×10
4.74 (g)
 
jp1×5
3.53 (g)
 
jp2×5
4.20 (g)
 
合計
50.74 (g)
 
 
出力時間:
 
① bp1・bp9・dp3
38 min 3sec
 
② bp2・bp3
1 hour 35 min 53 sec
 
③ bp4・jp3
2 hour 50 min
 
④ dp2・dp4
22 min 34 sec
 
dp1×10
41 min 53 sec
 
jp1×5
22 min 34 sec
 
jp2×5
22 min 34 sec
 
合計
6 hour 53 min 31 sec
 
 
完成
 

 

 

 

 
 
プラモデル用の接着剤では、うまく接着できませんでした(すぐに部品がとれてしまう)。やむをえず瞬間接着剤を使用しましたが、あまりキレイに仕上げることができませんでした。
 
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.