Flash75の制御ソフト

メイン画面
image_160929-001

 
Flash75は、制御ソフト”Flash75.exe”を使用して操作します。
 

アイコン
image_160929-002

 
 
パラメータ設定
 
プロジェクタの光を照射する、時間の長さを設定します。
 
image_160929-003

画面上部メインメニュー”パラメータ設定”をクリック
 
image_160929-004

 
上図(デフォルト値)を例にすると、「運転 1」では1層目から3層目までレイヤー毎に 90秒間 プロジェクタの光が照射され、4層目以降は「基本照射」でレイヤー毎に 25秒間 照射されるように設定されています。
 
「運転 1」のチェックボックスを OFF にすると、すべてのレイヤーが「基本照射」で設定された 25秒で照射されるようになります。
 
対象項目をクリックした後、テンキーで任意の秒数を入力して下さい。
 
 
・設定項目の詳細
 
(チェックボックス):
使用する照射時間の設定を切り換えます。設定は、5つ作成できます。
 
開始層:
照射時間を適用する、最初のレイヤー番号を入力します。
 
終了層:
照射時間を適用する、最後のレイヤー番号を入力します。
 
照射(秒):
照射時間の長さを入力します。
 
基本照射:
開始層・終了層で指定しなかった、すべてのレイヤーに適用される照射時間です。
 
 
 
一時停止設定
 
指定したレイヤー(層)で造形作業を一時停止することができます。
 
image_160929-005

画面上部メインメニュー”一時停止設定”をクリック
 
image_160929-006

 
画面青色の部分をクリックした後、テンキーで任意のレイヤー数を入力して下さい。
 
設定を削除したい場合は、キーボードの”Delete”キーで削除できます。
 
この機能の用途は、例えば”100”と設定した場合、100層目で造形が自動的に停止します。その後、樹脂の変更や照射時間の変更、造形の状態を確認するなどの作業が出来ます。
 
再開する場合は、メイン画面の”再開”ボタンをクリックして下さい。
 
 
 
造形対象フォルダ
 
image_160929-007

ボタンをクリックして、造形を行うデータが保存されているフォルダを選択して下さい。
 
ミッツの3Dプリンタ(光造型機) Flash75 で造形を行う場合、3D CADや3Dモデリングソフトで作成したデータにスライスという処理を行い、3Dデータを高さ方向に輪切りにして大量のレイヤー画像に変換したスライスデータが必要になります。
 
スライスデータの作成には、付属のCreationWorkshop というソフトを使用します。
 
 
 
□ 画像情報
 
レイヤNo.
現在造形しているレイヤーの番号とファイル名を表示します。
 
スライス厚
CreationWorkshop でスライスデータを作成する際に指定した、積層ピッチ(一層の厚さ)と同じ値を入力して下さい。
異なる値を入力すると、造形物のサイズが正しくなりません。
 
照射時間
”パラメータ設定”で設定された、現レイヤーの照射時間を表示します。
 
 
 
□ 現在の状態
 
現レイヤ
”造形対象フォルダ”で読み込んだスライスデータの総レイヤー数と、現在造形中のレイヤー番号を表示します。
 
次回停止レイヤ
一時停止設定を使用している場合、次に停止するレイヤの番号を表示します。
 
現造形高さ
現在までに造形が完了した造形物の高さを表示します。(単位: mm)
 
現在時刻
現在の時刻を表示します。
 
開始時刻
造形を開始した時刻を表示します。
 
経過時間
造形を開始してから現在まで経過した時間を表示します。
 
終了時間
造形が終了する予定時間を表示します。
 
残り時間
造形が終了する残り時間を表示します。
 
 
 
□ 造形物情報
 
image_160929-013

 
”calc”ボタンをクリックすると、これから造形する造形物の体積と使用樹脂量が表示されます。現在読み込まれているデータに対して計算が行われます。
 
計算結果は、推定される数値です。実際の使用量とは異なる場合があります。
 
造形物情報の計算には少し時間がかかります。プログレスバーが表示され、計算のキャンセルも可能です。
 
体積(cm3)
造形物の体積を表示します。
 
使用樹脂量(g)
造形に使用する、おおよその樹脂量を表示します。
表示されるのは、造形物のみに対する樹脂量です。
造形作業には、ある程度 樹脂トレイが満たされていなければならないため、余分の樹脂が必要となります。
(200ml 程度)
 
 
 
image_160929-008

造形を開始します。
 
image_160929-009

造形を一時停止します。
一時停止中に手操作画面を開き、ヘッドを操作することが可能です。
 
image_160929-010

一時停止したところから、造形を再開します。
 
image_160929-011

手操作画面を開きます。
手操作画面の詳細については、下記リンクを参照して下さい。
 
 
Flash75 ヘッドおよび造形プレートの制御について
 
 
image_160929-012

ソフトを終了します。
 
 
 
関連リンク:
CreationWorkshopについて
Flash75 ヘッドおよび造形プレートの制御について
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.