ミッツ 光造形(DLP)方式3Dプリンタ 製品ラインナップと特徴

先日開催された設計・製造ソリューション展にお越しいただけなかったお客様のために、ミッツの3Dプリンタ製品の特徴を簡単にまとめました。

 
光造形(DLP)方式の特徴
 
ミッツの3Dプリンタは、光造形(DLP)方式を採用しております。プロジェクタから照射される可視光によって樹脂を硬化させるDLP方式は、ガルバノスキャナ方式の3Dプリンタがスライス画像をレーザーなどでスキャンして造形するのに対し、スライスデータ画像を面に対して一度に照射する造形であるため、高速な造形スピードを利点としています。造形範囲内であれば、同じモデルをひとつ造形するのも、ふたつ造形するのも完了するまでの時間は変わりません。
Image_150803_ver4
製品ラインナップと仕様
 
M3DS-300
造形サイズ: 288×180×250 mm
XY分解能: 0.15 mm
積層ピッチ: 0.05/0.15 mm
造形スピード: 15 mm/h

M3DS-200
造形サイズ: 96×54×150 mm (または、144×81×170 mm)
XY分解能: 0.05 mm
積層ピッチ: 0.025/0.05 mm
造形スピード: 20 mm/h

M3DS-100
造形サイズ: 100×75×150 mm (または、150×100×170 mm)
XY分解能: 0.05 mm
積層ピッチ: 0.05 mm固定
造形スピード: 20 mm/h

Flash75
造形サイズ: 100×75×150 mm
XY分解能: 0.1 mm
積層ピッチ: 0.05 mm (ソフト可変)
造形スピード: 6 mm/h (専用樹脂を使用した場合)
 
 
M3DSシリーズの特徴
 
M3DS200_Front

 
M3DSシリーズは、コーターで樹脂を塗布します。シート上に薄く塗布した樹脂に、プロジェクタの光を照射して硬化させることで、より精細で滑らかな造形が可能となります。
 
 
Flash75の特徴
160413-001

 
Flash75は、光造形(DLP)方式の3Dプリンタにおいて、さらなる簡便性の向上を目指して開発された卓上型の機種です。トレイに溜めた樹脂にプロジェクタの光を照射して硬化させます。極めてシンプルな構造であるため使いやすく、手軽に造形できます。
 
 
ミッツ3Dプリンタのポイント
 
M3DSシリーズおよびFlash75はすべて国産の部品を使用しており、製造も国内で行われています。UVレーザー照射装置やUV対応部品を使用していないため、低価格によるリリースを実現しています。その中でもFlash75は特にお求めやすくなっています。
 
積層ピッチは 50μmで、高精細で滑らかな造形を得られます。25μmの積層ピッチに対応した機種もご用意しております。
 
樹脂を硬化させる光源にはプロジェクタを使用しているため、故障が少なく製品寿命も長いのが特徴です。プロジェクタの寿命は、20,000時間です。弊社で3年ほど稼動しているデモ機のプロジェクタ使用時間は、現在(2016年7月)5,000時間ほどです。
Image-160712

※2016年7月 現在
 
アクリル樹脂やゴムライク樹脂など、樹脂を入れ替えることで多様な材質の造形ができます。また、従来の沈降方式の光造形3Dプリンタとは違い、吊り上げ方式を採用しました。そのため 200ml ほどの少量の樹脂で造形を始めることが可能で、ランニングコストを抑えられます。
Image-160712_002

 
吊り上げ方式では樹脂を一層硬化すると造形物が上側に引き上げられ、造形物はぶら下がる状態となります。そのため、自重によって造形物がつぶれることがありません。
Image-160712_003

※上図は、M3DSシリーズの場合
 
FDM方式などの3Dプリンタと異なり、ノズルの無いシンプルな構造であるため、定期的な部品交換は必要なく、お客様自身によるメンテナンスが簡単な構造です。
 
 
おわりに
 
1984(昭和59)年に創業したミッツ株式会社は基板加工機の製造と販売を業務として、企業だけでなく研究機関・教育機関へ多くの製品を納入して評価をいただいてきました。製品の試作に用いられる基板加工機で培われた技術と開発力は、同じく試作業務の新たな分野である3Dプリンタの世界でも必ずお客様の利益に役立てられると考えています。
 
 
お客様からの製品のお問い合わせを、心よりお待ちしております。
弊社ホームページやブログより、お気軽にお問い合わせください。
 
 
関連リンク:
・ミッツ 3Dプリンタ特設ページ
・Flash75 のご案内
・M3DS-200の特徴
・M3DS-200の仕様
・M3DS-200 各部名称と造形の仕組み
・光造形(DLP)方式 速さのポイント
・3Dプリンタ導入のメリット
・光造形(DLP)方式のメリットとデメリット
・造形サンプル ’15 10/28
・FAQ
・資料請求・お問い合わせ
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.