ミッツ 3Dプリンタ 費用面におけるメリット

これから3Dプリンタの導入をご検討されているお客様は、3Dプリンタのランニングコストや保守費用が高額になることを心配されているかも知れません。
 
ミッツのM3DSシリーズおよびFlash75はすべて国産の部品を使用しており、製造も国内で行われています。
 
ミッツの3Dプリンタは少ない樹脂で造形できるのが特徴で、250mlの樹脂があれば造形を始められます。樹脂を硬化させる光源にはプロジェクタを使用しています。プロジェクタの光源寿命は、約20,000時間です。
 
また、ミッツの3Dプリンタは造形方式の構造上、部品の交換が定期的に発生するものではなく、お客様自身によるメンテナンスも簡単です。故障が少ない構造であるため保守費用を低く抑えられます。メンテナンス体制も整えております。
 
年間保守に関しては、お客様の任意で加入を選択していただくことが可能で、割安に設定しています。
 
ミッツの光造形(DLP)方式3Dプリンタは、高精細で滑らかな造形ができるだけではなく、費用面においてもお客様に貢献できるものと思っております。詳細につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
関連リンク:
・ミッツ 3Dプリンタ特設ページ
・Flash75 のご案内
・M3DS-200の特徴
・M3DS-200の仕様
・M3DS-200 各部名称と造形の仕組み
・光造形(DLP)方式 速さのポイント
・3Dプリンタ導入のメリット
・光造形(DLP)方式のメリットとデメリット
・造形サンプル ’15 10/28
・FAQ
・資料請求・お問い合わせ
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.