Flash75 のご案内

160413-001

ミッツ株式会社は従来の3Dプリンタ M3DSシリーズに加え、新たな製品ラインナップとして卓上型の光造形(DLP)方式3Dプリンタ Flash75 の販売を始めています。

 

各部名称

160413-002
 
160413-003

トレイ方式の採用によって、簡便性が向上しました。
 
 

造形のしくみ

160413-004
プロジェクタから画像を照射して、トレイに溜められた樹脂を硬化させます。
一層(0.05 mm)を硬化させると、ヘッドが一層上がります。この繰り返しによって、造形を完成させます。
 
 

Flash75 の特徴

 
高精細な表現
造形ピッチが細かいので、傾斜面や曲面の造形がとても滑らかに表現できます。また、突起のある形状の造形も可能です。
 

高速造形が可能
プロジェクタによる一括露光式です。
レーザー走査方式やFDM方式と違い、一層を一面として造形します。
そのため、造形物の大きさや造形数に関わらず造形スピードが速く、完成までの時間が簡単に計算できます。
 

少量の樹脂で造形が可能
一般的な光造形装置が樹脂槽に大量の樹脂を入れて造形を行うのに対し、Flash75 は 200cc ほどの樹脂で造形を始められます。
 

輝度劣化が少なく長寿命
ミッツの3Dプリンタは、水銀を使用しない、環境に配慮した光源を採用しています。光源の寿命は約2万時間(水銀ランプの約10倍)なので、ランプを交換する手間とコストを削減することができます。
 

メンテナンスが簡単
装置の構造がシンプルなので、ユーザーご自身によるメンテナンスが可能です。
ご希望により、保守契約(有料)もお受けすることができます。
 
 

Flash75 専用樹脂

160413-005

Flash75 の造形に最適な専用樹脂をご用意しております。専用樹脂は着色済みで、お手入れも簡単です。もちろん、他社の樹脂を使用していただくこともできます。
 
 

付属ソフトについて

 
CreationWorkshop
160413-006

STLデータを3Dプリンタで造形するための変換処理を行うソフトです。
 
 
Flash75.exe
160413-008
アイコン

160413-007

3Dプリンタ本体を制御するソフトです。造形作業に役立つ様々な機能を備えています。
 
 

造形サンプル

 
Y軸固定治具
Sample_Image_201510-12

 
ツールポスト
Sample_Image_201510-14

 
プレッシャーフット
Sample_Image_201510-13

 
 
Flash75 の詳細につきましては、ミッツ株式会社までお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.