3Dプリンタ導入のメリット

3D CAD・モデリングデータから直接造形を行う3Dプリンタは、製品の可動部分や嵌合の機構を検証するための試作において性能を発揮します。

3Dプリンタの導入によって外部に発注することなく短時間で試作品を得られます。試作の確認を繰り返すことや設計の変更にも素早く対応することが可能となり、開発コストの削減と製品の品質向上に貢献します。

 
・下図は、3Dプリンタを使用した実験を繰り返して、吸塵の効率を高めたノズル部品
151224-005
3Dデータ

151224-006
3Dプリンタで造形して検証

151224-007
業者に発注して、成形された部品

 
・機械の中に粉塵が入らないように防ぐため、ミッツの加工機で使用を予定している、ゴムライクで検証中の部品。
151224-001
3Dデータ

151224-002
3Dプリンタで造形した部品

151224-003
部品を加工機に取り付けて検証中

151224-004

 
 
大量生産を行う場合、金型は寸法精度とコストの面で優れています。しかし、従来の金型による試作の製作は大変時間がかかり費用も高額でした。一方、3Dプリンタは試作品や小ロットの製作に優れています。特に光造形方式の3Dプリンタでは高精細で滑らかな造形が短時間で得られ、多種類の樹脂が使用できる利点によって、製造業・医療・建築・教育・デザインといった多岐にわたる分野で試作に役立てられます。金型メーカーでもコスト削減や製作期間の短縮、作業の効率化に3Dプリンタが活用され、粉末焼結積層方式の3Dプリンタや高耐熱の樹脂を用いたFDM方式の3Dプリンタで金型自体の試作が行われた事例もあります。

151224-008_Ver2

3Dプリンタの導入によって、ラピッドプロトタイピング(RP = Rapid Prototyping)の実現が可能となります。
 
 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.