3Dプリンタ導入のメリット

3D CAD・モデリングデータから直接造形を行う3Dプリンタは、製品の可動部分や嵌合の機構を検証するための試作において性能を発揮します。

3Dプリンタの導入によって外部に発注することなく短時間で試作品を得られます。試作の確認を繰り返すことや設計の変更にも素早く対応することが可能となり、開発コストの削減と製品の品質向上に貢献します。
Continue reading

造形材に関するご意見

ミッツでは3Dプリンタで造形する際、造形材と造形物の関係を重要視して実験を重ねています。
例えば、造形材に着色する際、染料を混ぜた場合と顔料を混ぜた場合で、造形物に微妙な変化が生じると考えております。
造形材に関してユーザーの皆様にご要望があれば、ご意見をお聞かせ戴けると幸いです。
お気軽にご相談下さい。