造形の反りについて

現在、M3DS-200 の造形にはアクリル系の樹脂を使用していますが、アクリルは吸湿や温度によって反りや歪みが発生する特徴があります。

以下は、i-Phone のカバーを出力した画像です。

板状の造形に反りが発生しているのが分かります。

アクリルは熱すると柔らかくなるため、造形物を2~3分お湯に浸けた後 手で形を整えることも出来ますが、真っ直ぐにはなりません。造形物を熱する際は電気ポットで沸かしたお湯か、同程度の温度のお湯で作業できます。くれぐれも火傷に気をつけて下さい。

現在、反りを抑えられる樹脂の調査を進めています。

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Comment.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.